Home.f5
小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリア
ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


犬と猫とうさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア



小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリアの手入れ
季節による手入れ。
○春とともにノミやダニなども活発に活動開始します。
暖かい日を選んで犬舎等の大掃除をしましょう。
この時期なら、駆除や予防もより効果的です。
春とはいえ、季節の変り目は、まだ暖寒をくりかえすので犬の健康にはよくありません。
シャンプー洗いは暖かい日に行い、仕上げのドライアップも手早くすませます。
また、春はこれまで犬を寒さから守っていた冬毛が夏毛に抜けかねる換毛期で最も清潔にすべき時期なのです。
抜け毛が増えるので毎日ブラッシングやコーミングします。
この時期から抜け毛が少なくなるまでの間は、よく手入れすると換毛も促進されます。
良いブラを手に入れて下さい。
最も大切な道具の一つです。
○梅雨期はご存知のようにじめじめして物が腐敗しやすい季節です。
しかも犬を悩ます寄生虫やカビなどは、こうした環境が大好きときてはしまつに困ります。
毎日の手入れは、十分にブラッシングやコーミングをして、皮膚や被毛をエアーフレッシュさせて下さい。
あまり湿っぽいようだと時折グルーミングパウダーをすき込むのもよい方法です。
この時期からシャンプー洗いの回数も少し多くするとよいでしょう。
○夏はできるだけ涼しい環境を与えるよう工夫して下さい。
暑さで犬も食欲がおちます。
毛がむれないようによく手入れして体表をエアーフレッシュしてください。
寄生虫や皮膚病が多発しやすい季節なので、不潔にしておくとこうした病気の温床を作っているのと同じです。
自然とシャンプー洗いの回数もふえると思いますが、この時期の沫浴の1〜2度は、皮膚病の予防のために薬浴にするとよいでしょう。
○秋になって涼しくなると犬も次第に食欲がでてきます。
食中毒は秋ロにも多発しますので注意が必要です。
秋の深まりとともに厳しい冬に向け、下毛がはえてきます。
秋の換毛期も抜け毛は結構多いので毎日のブラッシングやコーミングで新陳代謝をよくします。
とくに夏から秋へかけての手入れの良し悪しで毛ぶきの状態もかなり異なります。
また、皮下脂肪もついてくるので、食事もこれらの生理的変化を助けるように栄養バランスのよい、いくぶん高たん白、高脂肪の食事にします。
○冬は体温の放出を防ぐために体表の血管も収縮します。
毎日のブラッシングで皮膚の血行をよくして下さい。
下毛も密生しているので、ブラシやクシもふだんより目の粗い毛通りのよいものが適当でしょう。
シャンプー洗いはカゼをひかせないよう十分気をつけることが大切です。
日光浴や運動にも配慮しましょう。
食事は寒さで失われるのでエネルギーの補給と皮下脂肪の蓄積で、概して冬は夏や秋の1.5〜2倍のカロリー量が必要です。
小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリアの一生と手入れ
○生後1か月までは母犬の世話で十分で、とくに手入れの必要はないでしょう。
ただし、爪だけは生後遅くてもIか月までに、なれさせる意味もかねて1度は切っておくとよい。
とりあえずブリーダーさん任せという事です。
○手入れにならすには。
@子犬のときほどならしやすい。
A人の手で自分にさわられることにならすことから始めるとよい。
Bならすためにはあまり間隔(日数)をおかずに頻繁にやるとよい。
C無理して子犬をこわがらせたり、ひどくしかつてはいけない。
○生後I〜2か月の時期の手入れでは、自由に子犬を扱えるようにならすことと、ブラシ(ピロコーム)がけの快い感触を教えておくことを最優先に考えます。
そのため、手入れ時間もできるだけ短くし、スキンシップのつもりで楽しみながらすすめるとよいでしょう。
ペットを飼い始めた人も飼われ始めたペットも扱うことに問題なく優しい感触があるものが良いからで、被毛にザリザリ感のあるエッジのあるものや、ひっつけて引っ張る感じのゴム系のものは最初から使うのは控え、馴れてからにするべきでしょう。
空腹時はできるだけ避けます。
また生後2ヶ月ごろから綿棒や脱脂綿で軽く行う耳そうじや長毛犬は離乳がはじまったら排便後の点検などもスタートです。
○4か月までには基本的手入れにならすべきで、新しい飼い主の下で行うことになります。
手入れの要・不要にかかわらず、ブラシ(ピロコームがお勧め、エッジの有る物は止めましょう)がけ、爪切り、目・歯・足の裏の手入れ、沫浴からシャンプーなど、すべてをできるだけくり返し、必ず体験させておくことが大事です。
子犬もまだ扱いやすい時期です。
固い素材は肌を痛めます。このときのキーポイントは根気と子犬を恐がらせないことであわてないで落ちついてすすめるのがコツです。
○若犬(4〜10か月)は新陳代謝も旺盛です。
成長が著しく、体表の新陳代謝も活発です。
新たな毛も生えだすので、ブラシ(ピロコーム)がけは毎日行うとよいでしょう。
また、この時期から手入れを始める場合は、ならすのに時間も多少かかると思って下さい。
したがって根気よく、こまめにならしていきましょう。
○手入れの有無で差が出る成年・壮年期は健康で手入れのいきとどいた犬の毛づやは生き生きとして美しく、各々の犬種の魅力も十分発揮される時期です。
とくに春先の換毛期は毎日ブラシ(ピロコーム)がけしてください。
また最近の傾向のようですが、早い犬だと2歳くらいから、歯に歯石の付着が目立つようになります。
このため、歯の病気を引き起こし、放っておくと5〜6歳でほとんどの歯がなくなることがあります。
ガムのような固いものを与えたり定期的な歯の手入れも行なってください。
○老犬になると新陳代謝も低下するので、被毛も少なく細くなります。
ブラシ(ピロコーム)がけは、血行を促がし、若々しい皮膚と被毛を保ちますので毎日続けましょう。
皮膚や被毛に優しいピロコームがお勧めで、エッジの有るものや生き毛まで抜く傾向のあるものはみすぼらしさをひどくするので、使わないようにしましょう。
また、ホルモンの働きが低下し皮脂も厚くなってくるので、ブラッシングによるマッサージはこの意味でも効果的です。
○老犬の生理的変化。
○ともに機能は低下してくる。
○肛門のうがたまりやすくなる。
○ホルモンと関係した皮膚の病気にもかかりやすくなる。
○肝臓に脂肪がついてくる。
○腎臓の働きが低下してくる。
○乳腺に腫瘍ができやすくなる。
○代謝機能が衰え、運動性も次第に低下する。
○体温の調節機能が低下して、気温の変化に弱くなる。
○免疫反応が弱くなり、病気しやすくなるので、子犬と同様にワクチンの定期的な追加接種が必要です。
また老犬は生理機能が低下すると種々の病気にもかかりやすいので、手入れ時の健康チェックは十分に行うことが大切です。
ただし、体力の衰えにしたがって、扱い方は幼犬のころのようにやさしく手入れの時間も短くおさえるようにしましょう。
老犬の扱い方、飼い方のポイントは「刺激を少なく、変化を少なく、無理させず」です。
老犬はまた歯もいたんできたり、肛門嚢もたまりやすくなるので、手入れ時に注意しておきましょう。
○発情期はメス犬でオリモノや出血の多い室内犬は生理帯を着用するとよいでしょう。
また、中・長毛犬は生殖器周辺の毛をあらかじめ短く切ってやり、オリモノが毛に付着して不潔になったり、交配時に生殖器にからみついたりするのを避けるようにするとよいでしょう。
○妊娠期の手入れは交配後の約3週間は、受精卵がまだ子宮膜に着床していないので、乱暴な扱いや強い刺激を与えると流産しやすい時期です。
この時期は毎日のブラシ(クシ)がけも手短にすませ、沫浴はひかえたほうがよいでしょう。
この時期をすぎてからも荒っぽく抱いたり、胎児を圧迫するような扱いは避けたほうが無難です。
ホルモンのバランスが変わるので被毛が沢山抜けたりしますからブラシ(クシ)がけは特にピロコームなどの被毛や皮膚に刺激の少ない優しいもので入念に行って、妊娠とともに停滞しがちな皮膚の血行を促します。
さらに妊娠後期になると腹部がふくらんで、犬は自分で生殖器などをなめて清潔にすることができなくなります。
ときどき、ぬるま湯か逆性石けん液などでそっと洗い、乾かしてやるのもよいことです。
○産後と授乳期の手入れは出産後、母犬が一息ついたら、産室を出たときを見はからって下半身についたお産の時の汚れを、ぬるま湯でしばったタオルでぬぐったり、寒い時期なら乾いたタオルやドライヤーでよく乾かしてやるとよいでしょう。
以降、授乳中の沫浴(シャンプー洗い)はできるだけ控えます。
○ワクチン接種を受けた後2週間はシャンプー洗いを控えます。
必要ならあらかじめシャンプー洗いをすませてから注射を受けさせるとよいでしょう。
○不妊手術などの場合は、傷口が完全に治癒するまでシャンプー洗いなどはひかえます。
洗ってもよい時期は、退院するときに獣医師に確認し、その指示に従ってください。
去勢していないメス老犬は子宮蓄膿症になりやすい、これは細菌が進入して子宮内に膿の固まりを作り放置すると死にいたりますが、手術で除去できます。
○犬が病気になると、犬の毛づやはとたんに悪くなります。
しかし、病犬は安静が第一ですから原則としてふだんの手入れは中止です。
やむをえず、手入れが必要なら、手短にすませ、犬にできるだけ負担をかけないようにします。
目や鼻の分泌物が多いときは、こまめにふきとってやりましょう。
また、寝床はいつも清潔に、汚れたらすぐに交換します。
寝たきりの犬の吐しゃ物や大小便をそのままにしておくと、回復をおくらせるだけでなく、皮膚や粘膜がただれてしまうことがあります。
ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ペット用品


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


犬と猫とうさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア



小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリアにとっての快適生活
小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリアの薀蓄・雑学
 皆さん、イギリスの犬文化をご存じでしょうか?。
イギリスだけではなく、欧米諸国の犬文化は、日本と比べるとかなり進んでいるといえます。
その中でも、イギリスは世界屈指の愛犬国家です。
今回は、イギリスの犬文化についてお話しします。
 まず、イギリスでは犬の繁殖と販売に関しての法律が定められており、大の交配が可能な年齢、回数、そしてライセンスを持たない者の販売行為の禁止等が決まっています。
それにより、ペットショップやブリーダーから犬を購入すること自体、難しいようです。
 一般的には、シェルター等の保護施設から譲り受けて飼うことが浸透しています。
ライセンスを持ったコーディネーターと呼ばれる販売員は、犬飼育経験、家族構成、自宅環境、周辺環境、家を空ける時間など、細かいチェックをして、アドバイスを含めて販売します。
 もう一つ大きな違いとして、イギリスでは犬は社会の一員として認められ、ペットではなくコンパニオンとして、家族の一員と認識されています。
そのため、犬のための設備が大変整っていて、公園のあちこちに排泄物用の箱が設置されています。
 また、飼い主同伴であれば補助犬だけでなく、どんな犬でも公共の場に連れていったり、交通機関(バス、電車)に乗せることができるのです。
 動物愛護の観点からみても、動物愛護の先進国です。
いわゆる犬と猫の一時預かり場所があり、飼い主が見つかるまでボランティアが世話やトレーニングをしています。
 ホームではどんな犬や猫でも保護し、新しい飼い主が見つかるまで責任を持って世話するとのこと。
人々の動物の命への意識の高さや、こういった施設、アニマルポリスのような動物愛護救済組織の存在もあり、殺処分の頭数は日本の十五〜十六分の一と言われています。
 国は変わってドイツでは、「殺処分」ということ自体行われていません。
殺処分では何も解決しない、という考えからだそうです。
 まだまだたくさんの違いがありますが、いかがでしょうか?。
私も実際に見たことがないので、いつかこの目で見てみたいと思っています。
ペット用品


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


犬と猫とうさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア



小さな狩猟家ジャック・ラッセル・テリアの歴史
テリアグループ TERRIER GROUP。
(テリアグループの犬たち) アイリッシュ・テリア●アメリカン・スタッフォードシャー・テリア●ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア●エアデール・テリア●オーストラリアン・テリア●グレン・オフ・イマール・テリア●ケアン・テリア●ケリー・ブルー・テリア●シーリハム・テリア●スカイ・テリア●スコティッシュ・テリア●スタッフォードシャー・ブル・テリア●ソフトコーテッド・ホイートン・テリア●ダンディ・ディンモント・テリア●ノーフォーク・テリア●ノーリッチ・テリア●フォックス・テリア(スムース)●ブル・テリア●ペドリントン・テリア●ボーダー・テリア●マンチェスター・テリア●ミニチュア・シュナウツアー●レークランド・テリア●ワイアーヘアード・フォックス・テリア。
テリアは、小害獣狩りに用いられてきた猟犬です。
活気あふれる動きや、賢さで家庭犬として世界中で愛されています。
テリアは、土の犬、と呼ばれていますが、これは、土を掘る、という意味のラテン語に 由来しているそうです。
体のサイズは小型、または中型犬、頑健でいきいきと活気にあふれ機敏な動きが、いかにも猟犬らしい犬です。
古くから、キッネやアナグマ、カワウソ、ネズミなどの有害獣狩りに手腕を見せてきました。
テリアの仲間は、そのほとんどがイギリス諸島が原産地です。
昔からそれぞれの土地にいた地犬で、長い間、土地の人々の日常生活に欠かせない作業犬として用いられていたせいか、その起源については、あまりはっきりわかっていません。
そんなテリアの中でも、スコットランドのスカイ島にいたケアン・テリアやスカイ・テリアは、最も古いテリアといわれています。
特に、岩穴からアナグマを追い出したり、積み石の中まで小害獣を追いかけていたケアン・テリアは、テリアの原型のような犬で、16世紀ごろは、テリアといえばこの大のことを指したほどでした。
また、重厚なスコティッシュ・テリアや、白い毛色か愛らしいウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアなど他のスコットランド出身のテリアに影響を与えた犬としても知られています。
地味な存在だうたテリアが熱い視線を集めるようになったのは、貴族や大地主たちがこぞってスポーツとして追い狩りを愛好した19世紀になってからです。
スマートで敏捷なレークランド・テリアやフォックス・テリアがキッネを追いかけて広大な領地を疾走しました。
テリアはまた、ネズミ狩りが得意な犬であり、そのころ市井の人々の血をわかせたギャンブルのネズミ捕り競争で、マンチェスター・テリアが活躍します。
また、血なまぐさいゲームである牛攻めに用いられたテリアもいます。
 もちろん、牛攻めなどはその後禁止され、今ではキッネ狩りも、イギリスの動物愛護団体との間になにかと物議をかもしています。
しかしこのように、伝統的に猟やゲームで活躍してきたテリアは、小さくかわいく見えても、強い闘争心や自立心を秘めています。
思いのほか、激しい性格を持っていることをまず理解することが大切です。
賢い犬ですから覚えもよくて、しつけも簡単です。
激しい性格をほどほどにおさえ、特長を生かしながら、よいパートナーとして暮らすように心がけましょう。
ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ジャック・ラッセル・テリア


ピロコーム



Link 犬猫うさぎの抜け毛取りブラシ ピロコーム   ピロコームの詳細説明  Dog & Cat Grooming Tool Philocomb   Dog & Cat Strumento Grooming Philocomb   Innovatives Haarauskammen mit Philocomb 日曜ブドウ園,
inserted by FC2 system